素夢子 古茶家 そむしこちゃや somushi tea house:素夢子のお話

衣食住 - isyokujyu -

 

 

柿渋 - kakishibu -

素夢子のこだわり

日本の柿渋の多くは、二年間搾り取った柿渋液を

約2年間熟成したものを染料として使っている。

出来た柿渋液はトロミがあり、強い臭気を持っている。

一度の染めと自然乾燥だけでも褐色の色が現れる。

最近よく耳にする柿渋染めの中には、

発色剤など、色の効果を高めるために様々なものが柿渋以外に含まれていたり、本来の渋柿の色とはいえない物もある。

 

一方、韓国の渋柿は、木から採って三日以内の

渋柿を絞り取り、その液に塩を入れる。

この生搾りの柿渋液が素夢子の柿渋染めになる。

一度、色を入れるために天日で三日間干す。

色は、淡いオレンジピンク色→少し赤みのある

オレンジ色→茶色と少しずつ濃くなっていく。

このままでの色にするためには、

最低3〜4度の染めと干しを繰り返す。

100%の柿渋染めである。

「自然のチカラが柿渋のタンニン(という成分)と出会い色を生み出す。ヒトが尽くした仕事に自然の恵みが素直に応えてくれる。」

 

素夢子の商品は、このような染めの工程を経て、

ようやくカタチになっていきます。

だから同じカタチのものはあっても同じ色(染め)はありません。

色にムラがあるのはステキな自然の模様、

使うほどに表情が変わります。

「合理的なモノづくりをしてきた日本、

大陸的なモノづくりをする韓国。

素夢子がつくりたい技法が韓国にあった。」

 

現在の日本と素夢子の柿渋染めの遠い、

発揮される機能や効果が同じかどうかを、

是非手にとって感じて下さい。

Copyright (C) 2013 SOMUSHI. All Rights Reserved.